一般入試とは、一番オーソドックスな入試方法で、学力試験を受けて合否が決まる方式です。国立大学、私立大学ともに、高い学力が求められます。現時点で自分の学力が医学部受験レベルではない人も、適切な予備校選びをすることで学力をぐんと伸ばせる可能性があります。

私立大学の一般入試を受験!予備校の選び方

私立大学の医学部の中には、レベルが高い大学も多く少しでも自分の学力を高くするために努力しなければいけないです。特に難関大学の場合は、すべての教科で高得点を取る必要があるので予備校に通う場合、予備校…

国立大学の一般入試を受験!予備校の選び方

国立大学の医学部を受験するための予備校選び

国立大学の医学部に一般入試で受験する場合、重要になるのが予備校の選び方です。国立大学の医学部の場合、大学で二次試験を受験する前にまずセンター試験を受けなければいけないので、試験のための特別な対策も必要になります。センター試験の成績が悪いと、二次試験を受けることができない場合もあるので、事前にしっかりとしたセンター試験対策ができる予備校を選ぶことが大切です。センター試験はどの教科もマークシートを使った選択式になっているので、時間内に正しい解答を判断して解答していくテクニックを身につける必要があります。そのために役立つのが実戦的な演習で、本番の試験さながらの問題を使用して、試験対策ができるような予備校ならば、試験前にしっかりとした準備ができます。

二次試験対策もできる予備校

国立大学の医学部を受験するために予備校を選ぶ場合には、二次試験対策がしっかりとできる予備校かどうかも、選ぶ際の重要なポイントです。センター試験で良い結果を出して二次試験を受けられる場合でも、二次試験に合格できなければ全く意味がないので、充実した対策ができる予備校を選ぶ必要があります。国立大学の医学部の二次試験は大学によってもレベルが大きく異なっていて、難関の国立大学の医学部の場合には、問題の意味を理解するだけでも、長い時間がかかるような場合もあります。そのために、できるだけ多くの問題を解いて試験の本番に臨めるようにしておく必要があるのですが、試験に出そうなポイントをしっかりと学習できるような予備校ならば、万全の態勢で試験に臨めます。

特別入試の場合は、一定の水準に達する学力に加えて、医者になるに値する高い倫理観などを、面接、小論文などの独特な方式で問われることが多いです。また、情報が少ないため独学での対策も難しく、予備校などでいかに情報を集められ対策できたかがカギとなるでしょう。

医学部特別入試の特徴と予備校の選びのポイント

医学部の入試には多くの方式がありますが、知っておきたい入試方式として、各都道府県の国立大学が行っている地域枠による推薦入試があります。各都道府県で働く医師の数を確保するために、大学受験時に合格すれ…

特別入試で私立大学を目指す!予備校の選び方

医学部の入試は、ほかの学部に比べて合格率が厳しく、狭き門となります。推薦入試やOA入試などといった特別入試は、面接などの特別な試験もあり、一般試験よりもさらに合格難易度が高く、特別入試に向けた独自…

特別入試で国立大学を目指す!予備校の選び方

医学部を目指す生徒を受け入れてくれる予備校はたくさんありますが、それと同時に特別入試の対策をしてくれるところを選ぶ必要があります。例えば、AO入試は普通の受験と違い面接があるため、受験したい大学の…